全く新しい新規格の都市型商業施設

イオンモール岡山は、岡山県の表玄関ともいえるJR岡山駅より南方に約300m、多くの人々が行き交う大通り「市役所筋」に面する好立地です。

施設構成は商業階9層の高層型でありながら、特に1階から4階は約430m、5階から6階は約270mのサーキットモールとなっており、平面的にも巨大な施設空間となっています。

そのため、「いかにお客様を飽きさせず、施設全体を回遊していただくか」が課題であり、横に長い郊外型ショッピングモールでは、主に横方向に対してスムーズに回遊していただくことに重点を置いて計画しますが、イオンモール岡山では、それに加え、縦方向に対してもスムーズに回遊していただけるよう、各階の空間にドラスティックな変化もたらす工夫を施しました。

所在地

岡山県岡山市北区下石井1-2-1

業 種

都心型ショッピングモール

クライアント

イオンモール(株)

面 積

敷地面積:約45,495.88㎡

延床面積:約251,157.78㎡

総賃貸面積:約92,000㎡

(株)船場 担当業務

マスタープラン・基本計画・環境デザイン・内装監理

建物監理

RYU・建設コンサルタント

設計・監理

(株)大本組

東京本社一級建築士事務所

施工・竣工写真撮影

(株)大本組

グランドオープン

2014年12月5日