都心立地でのRSC開発

1970年代から続く阿倍野地区第二種市街地再開発事業の中核をなす施設が、2011年4月26日にグランドオープンしました。

大阪第3のターミナル立地である「阿倍野・天王寺地区」に位置し、キタやミナミ、また郊外とも違う、「半日常」という考え方でMDや空間デザインを計画しています。

所在地

大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1

業 種

駅隣接型ショッピングセンター

クライアント

東急不動産(株)

面 積

敷地面積:37,803㎡
商業施設延床面積:60,900㎡

商環境デザイン

(株)船場
第2事業本部/開発事業本部

内装監理

(株)船場
第2事業本部/開発事業本部

施 工

(株)船場
生産統括本部 EMディビジョン(関西)

オープン

2011年4月26日