各地を旅した気分になれる食の集積ゾーン

10店舗が入店する地下の飲食ゾーンです。
東京駅八重洲側の地下街は奥行きが深く、当該ゾーンは地下街の中で主動線に対してゾーンの間口が非常に狭いことから、いかにゾーンの存在を目立たせることができるかでクライアントと議論を重ねました。

また、ゾーン内部はクランクが多く、幅が狭い通路環境であったため、回遊性をどう高めるかが課題でした。

床・壁・天井で一体的なデザインを連続的に展開する空間構成にすることで、お客様の流れを奥へ奥へと促すことを意識しました。

所在地

東京都千代田区丸の内1-9-1 B1F

業 種

レストランゾーン

クライアント

(株)鉄道会館

売場面積

約1,900㎡

企画・営業

(株)船場

開発事業本部/レゾナンス・ラボ

設 計

(株)船場

開発事業本部 SC綜合開発研究所

オープン

2013年9月20日