丸の内の街のイメージとのつながりを意識した駅ナカゾーン

東京駅の丸の内側地下に計画された物販ゾーンです。JRの丸の内地下コンコースリニューアルに伴い、そのイメージや丸の内の街のイメージと連動した高質感のある空間づくりを目指しました。

訪れるたびに日常を素敵に演出してくれるコスメや雑貨が充実し、気軽に立ち寄れるゾーンです。

所在地

東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅丸の内地下改札内、改札外

業 種

駅ナカ商業施設

クライアント

(株)鉄道会館

面 積

約3,700㎡ (グランスタ丸の内:2,770㎡、グランスタ増床部分:約970㎡)

環境デザイン

(株)船場

開発事業本部 SC綜合開発研究所

施 工

アール・ビー工装(株)

竣工写真撮影

青木勝洋写真事務所

オープン

2016年7月27日