旧市庁舎施設をコンバージョンした銀行店舗

既存の建物には旧町名が刻まれた象徴的な柱が27本あり、それらをうまく意匠に取り込んで全体デザインを演出。高さ6mもの既存天井を活かし、吹抜け部に光天井を設けることで空間の“伸びやかさ”と“包むような明るさ”を確保し、家具や意匠もホスピタリティのある設えを意識しています。
建物のアップサイクル(そのモノが持っていた価値を、再利用前より高めるリサイクル方法)を行うことで地域の利便性を向上し、メインバンクが担うべき、これからの地域活性化のモデルともなる店舗に仕上がりました。

所在地

山形県鶴岡市温海戊577-1 (鶴岡市温海庁舎内)

業 種

銀行店舗

クライアント

(株)荘内銀行

面 積

約335.56㎡

設計・施工

(株)船場

第1事業本部 東京設計エンジニアリングディビジョン

竣工写真撮影

青木勝洋写真事務所

オープン

2014年9月16日