株式会社船場(本社:東京都港区 代表取締役社⻑ ⼋嶋⼤輔 以下「船場」)は2021年3⽉12⽇付で、株式会社 ナカダイ及び株式会社モノファクトリー(共に、本社:東京都品川区 代表取締役 中台澄之 以下「ナカダイ」及び「モノファクトリー」)と業務提携し、資材の調達から内装施⼯時に排出される産業廃棄物の削減と再資源化を⼀元管理する資源循環型リノベーションサービス「CIRCULAR RENOVATION™」(サーキュラー・ リノベーション)の提供を開始します。
 

リノベーションを⾏う際の素材の選定や、発⽣する産業廃棄物について重点的に分別を強化することにより、廃棄物そのものの削減及びリサイクル率の向上を実現し、施⼯時だけではなく、施⼯前後のCO2を削減することが狙いです。

 

この業務提携は、空間創造で培ってきた⼈への配慮や思いやりの姿勢を、地球や環境にまで広げることにより、より良い社会の構築を⽬指す船場のエシカルデザインの考え⽅「SembaEthical DesignThinking※1」の実現に向けた第⼀弾の取り組みです。

地球環境と共存する循環型のリノベーション事業

「CIRCULAR RENOVATION™」は、クライアント企業のリノベーションにおいてリサイクルしやすい資材の選定や、資材のリサイクル率向上によるCO2削減を⽬的とした、業界に先駆けた設計・施⼯・廃棄 までのトータルサービスです。

 

このサービスは、資源を無駄にすることなく可能な限り今あるモノを利活⽤するリノベーションの提案に加えて、リユース・リサイクル率99%を維持する産業廃棄物の再⽣を⾏うナカダイの技術、循環を前提とした社会の構築のコンサルティングを⾏うモノファクトリーのノウハウと船場の技術が融合し、空間の企画・設計(CREATION)から、資材の⽣産・調達・施⼯・解体(CONSTRUCTION)に⾄る全てのプロセスをRethink(再設計)することから開始します。

 

※業務提携、各社の概要については2021年3⽉12⽇付けIRニュースをご覧ください。

さらに、環境負荷の低減と環境との共存を実現するために次の1〜6を検討し、実⾏してまいります。

 1.Return ・・・資材の選定、廃棄物削減及びリサイクル化による環境負荷低減の効果の⾒える化
 2.Reuse ・・・再使⽤可能な材料・什器などの選定及び再利⽤
 3.Recycle ・・・徹底した分別・解体により、可能な限りの再⽣利⽤
 4.Reselect ・・・使⽤する資材を⾒直し、施⼯時の廃棄物削減と解体時のリサイクルのしやすさを追求
 5.Redesign・・・再利⽤、再⽣利⽤以外の新しい使い⽅を創造し、空間での利⽤や商品化を実現
 6.Renovate・・・できる限り廃棄物を出さない施⼯をすることによる環境負荷の低減

 

そして、「CIRCULAR RENOVATION™」は、クライアントが抱える課題の解決や想い描く空間の創造を第⼀としながら、⽣活者や利⽤者の居⼼地、更には地球環境の共存を実現するGOOD ETHICALなサービスを指向するものです。

 

 

※1 Semba Ethical Design Thinkingについて

「デジタル」と「エシカル」を企業改⾰の重要テーマと掲げる船場が全社で推進するエシカルデザインの考え⽅。地球環境への配慮や思いやりの観点から、全ての事業プロセスを⼀⼈⼀⼈が“Rethink”することから始めています。